Shozy『P20』レビュー。テイオンマシマシネイロクラメオンバヒロメ。

【本レビューは Linsoulよりご提供をいただいたサンプル品に基づき記事を作成し、プロモーションが含まれます。】

 

イヤホンの音質はいくつかの要素によって決まりますが、その中でもドライバーのタイプとサイズは大きな影響を与えます。

一般的に、ドライバーのサイズは10mmが採用され、このサイズの変化によって周波数特性や解像度、明瞭感などの聴こえ方が変わります。

また、素材やハウジングの設計などの要因も影響します。

そのため、各メーカーが異なるアプローチで様々な音質のイヤホンを開発しています。

今回レビューするShozy P20は、14.5mmという大型平面駆動ドライバーが採用されています。

これにより、どのような音を鳴らしてくれるのでしょうか?

さあ、見ていきましょう。

 

続きを読む

NICEHCK『DB2』レビュー。

【本レビューはNICEHCK様よりご提供をいただいたサンプル品に基づき記事を作成し、プロモーションが含まれます。】

オーディオ愛好家の皆様、ごきげんよう

早速ですが、NICEHCKと聞くと何を想像しますか?

品質が高く、コストパフォーマンスに優れたケーブルが思い浮かぶのではないでしょうか?

筆者もその一人で、NICEHCK=ケーブルという印象が強く、NICEHCK=イヤホンと結びつく方は少ないかもしれません。

以前から同ブランドのイヤホンを販売していたことは知っていましたが、手に取る機会がありませんでした。

今回はNICEHCKから発売された最新イヤホン「DB2をレビューします。

NICEHCKのイヤホンが気になっていた読者諸賢も多いことでしょう。

約23ドルから手に入るハイブリッドイヤホン…さあ、見ていきましょう。

 

続きを読む

水月雨(MOONDROP)『梅-MAY』レビュー。平面駆動+DSP=♧MAY♧

 

水月から「梅-MAY」が発売されました。

今回の製品は、平面駆動ドライバーとダイナミックドライバーのハイブリッドイヤホンです。

接続には、オーディオ用プラグではなくDSP内蔵のType-C端子が使用されています。

価格は約65ドルで購入し、1ヶ月ほど使用しました。

このイヤホンの特徴や音質が把握できたので、レビューしていきます。

梅-MAYはどんな音に仕上がっているのでしょうか?

さぁ、見てみましょう。

 

続きを読む