Sat03 Labs

オーディオ系、特にイヤホンやヘッドホンの紹介、DIYやジャンクの修理や改造などを書いています。

MENU

水月雨(MOONDROP)『JOKER』レビュー。クリアに響く密閉型モニターヘッドホン。

水月雨からJOKERが発売されました。

JOKERはエントリーモデルの密閉型モニターヘッドホンです。

約80ドルで購入しました。

VOID、VENUSを聴いたことがなく、水月雨のヘッドホンは初めてなのでとても楽しみです。

さぁ、見ていきましょう。

 

大きいパッケージにはレコーディング中の女性が描かれています。

裏には仕様が記載されています。

 

パッケージカバーを脱がせると、ヘッドホン本体がまるで高級機のように鎮座しています。

同梱された箱からケーブル等のアクセサリーが出てきたので詳しく見ていきましょう。

 

付属品は説明書やカード類、ケーブル、6.3mmへの変換アダプタが付いています。

ケーブルは左右両だしで、プラグは3.5mmのシングルエンドになっています。

 

以上が内容物のすべてになります。

エントリー機とは思えない高級感があります。

 

 

ヘッドパッドは2分割タイプになっています。

重量は約288.5gで一般的なモニターヘッドホンと変りません。

イヤーパッド、ハウジング共に後ろ側が厚くなっているのが見てとれます。

 

ハウジングは真鍮製。

密封型の音響問題を克服すために、SONYのMDR-R10の構造を参考しているとのこと。

HIFIMANからもリスペクトされている機種ですね。

いったいどのような響き方になるのか楽しみです。

 

イヤーパッドは厚めです。

耳の大きな筆者でも、耳がスッポリと収まります。

 

パッド類のフィット感が良く、側圧は弱めでも装着感が良いです。

金属ハウジングの影響か、ケーブルのタッチノイズが大きいです。

HiFiMAN SUNDARA、Edition XSに対応している左右両だしケーブルで交換可能です。

 

【製品仕様】

JOKERは50mmダイナミック・ドライバーが搭載されています。

・感度:106dB/Vrms

インピーダンス:68Ω±15%

・周波数帯域:15Hz-22kHz

引用元:JOKER|MOONDROP Official Website

 

使用環境】

・TOPPING E30(AK4493)+L30

・付属ケーブル

エージングは10時間ほどです。

かなり大雑把に言えば、低音を薄くしたAKG K550のようなイメージです。

 

高音域は繊細でキレイに鳴らし上げます。

明るく音抜けが良くて、かなり聴きやすいと思います。

 

女性ボーカルはキレイに歌ってくれます。

中音域も明瞭感がありキレイに鳴ります。

ただし、音が軽いです。

中音域に若干のこもりがありますが、気になるほどではないと思います。

 

低音の質量は少ないです。

特にサブベースは薄く迫力がないです。

男性ボーカルの激しいロック、EDM等との迫力ある楽曲との相性は悪いです。

 

響き方に力を入れて製作したのだと感じます。

密閉型ですが音場は広いです。

音に距離感があり立体的に聴こえますが、独特の響き方をします。

大きい金属ハウジングと厚いイヤーパッドの影響だと思いますが、これに違和感を感じる方がいるかもしれません。

低音も響かせてしまうと酷く散らかってしまうので、狙って下をカットしているのかと思います。

ボーカルの距離感は近めです。

また、前述の響き方のためFPSゲームには不向きです。

 

個人的にライバルになるであろう、同価格帯の密閉型モニターヘッドホン「ATH-M40X」と簡単にですが比較してみます。

 

JOKER vs.  ATH-M40X

ATH-M40Xは自然な鳴りをしていて、上から下までバランスよく出ます。

しかし、JOKERと比較するまで気づきませんでしたが、音の抜けが悪くこもりを感じます。

密閉型のデメリットなので仕方のないことですが、ベールを一枚被ったような音です。

低音域は薄いですが、ボーカルがキレイで明瞭感のあるJOKERが個人的には好きです。

 

箱出しは定位が落ち着かず、コシのないペラペラな音で失敗したと後悔しました。

リケーブルしてエージングをしっかりすると良い音になりました。

必ず何時間か鳴らし込んでください。

リケーブル、特にバランス接続で聴くと、音が力強くなり不満点が解消されます。

これからどんどん良くなるでしょう。

 

1万円強で購入できる密閉型モニターヘッドホンとしては良い選択肢だと思います。

ですが、何万円もするヘッドホンと同列で語るのは難しいです。

 

Moondrop joker-動的ヘッドフォン、3.5mmステレオプラグイン、プロのモニタリング、クローズドバック、フルサイズヘッドセット

 

 

同価格帯の密閉型にはM-40XやSRH440等、他にも選択肢があります。

また、開放型も含めると更に選択肢が増えるでしょう。

JOKERは少し特徴のある音質なので、人を選ぶかと思います。

今後、日本でも販売されると思うので、一度試聴することをおススメします。

特にヘッドホン初心者の方であれば、しっかりと試聴をして好みの音か確認してみましょう。

もちろん筆者のように「水月雨が欲しい!JOKERが欲しい!」と無試聴で特攻するのもアリだと思います。